日本語の難しさが悪評の原因?

たまに小耳に挟むことがあるこの言葉。

「WiMAXは無制限なんかじゃない。本当は制限がある。」

今回は、これについて取り上げていきたいと思うがハッキリ言おう。これは半分嘘であり、半分本当でもある。では、一体どういうことなのだろうか・・・?

無制限という言葉の定義

定義

WiMAXが本当に無制限なのか?という質問に対し、私はまず「無制限」という言葉の意味を考えさせられた。辞書では無制限という言葉についてこう書かれている→『制限がないこと。制限しないこと。あるいは、そのさま。』
これを読んだとき、私はまたしてもうーむと頭を抱えてしまった...

 

制限がない。つまり、インターネットにどれだけ繋いでも制限なく動画やゲームを楽しむことができるという意味になるのだろうか?しかし、実際のところWiMAXには通信量に関する規制自体は存在しない。文字通りどれだけネットを使っても良いこととなっているため、その点について無制限だと断言できる。

 

ただし、実は一切制限がないワケではない。なぜなら「速度制限」が存在するからだ。

回線速度の制限は無制限に抵触するのか?

疑問

これは人によって考え方が違うと言って良いだろう。個人的にはネットの通信量に関し無制限ということを謳っているのがWiMAXだと認識しているので、WiMAXは無制限でネット通信ができると宣伝しても法的に問題ないと考えているが、おそらくすべての人がそうということではないのだろう。

ギガ放題プランであれば3日間で10GBもの量を使用できるが、それを超えてしまうと残念ながら通信速度に関して規制が掛かってしまう。でも、通信量に関しては無制限なのだ。

これが今回の議題の答えである。

規制が掛かっている間はどんな感じなのか

制限

それでは、ここからは建設的な話をしていこう。WiMAXが無制限なのかどうかということは置いておいて、実際に規制が掛かってしまった場合には、どれくらいのペナルティが与えられてしまうのだろうか。これは私や他の人たちがすでに試しているため、体験談を軸にして紹介する。

 

例えば、地方に住んでいるAさん。普段は駅の近くでよくWiMAXを使ってネットに繋ぎ、暇を見つけては好きなYouTuberの動画を見ているとのこと。ある時、連休だけで莫大な通信量を使用してしまい、月曜日の夜に規制が入ってしまったらしい。しかし、月曜と言えば仕事で忙しいため、あまりプライベートの時間に動画を見ることができなかったためか、ゴールデンタイムにはほとんど携帯を弄ることが無かった。自宅に帰ったのは11時頃であったので、まだ規制中ではあるものの、寝る前に動画を見ようと思い、Youtuberのチャンネルページを開いて動画を再生したが、高画質で再生することは願わなかった。どうもロードが遅くてまともに楽しめないと考え、そこで画質を最低にしてみたら、プツプツと途切れることなく視聴することができたそうだ。

 

実際問題、私も規制のせいで高画質動画を見ることができなかったことがあるのだが、これに関してはギガ放題プランよりももう1つ上のプランを選択すれば問題ないだろうと考えている。

公式の見解

公式見解

WiMAXの大元はUQ WiMAXという業者であるが、規制時にはどれくらいのネット観覧が可能なのかを紹介していた。一言で言うと「YouTubeの動画であれば標準画質にすることで視聴を問題なくおこなうことができる。」だそうだ。

 

しかし、私が実際に視聴してみると、残念ながら低画質でなければ動画をスムーズに視聴することができなかったため、これに関しては嘘であると言っても良いだろう。もちろん、投稿された動画によって画質が違ったり、尺の長さも違うのでなんとも言えない部分があるのは確かだが、あまり期待しすぎるのも良くない。

 

もし、あなたが実際にYouTubeを見て違和感を感じることがあれば、その時には画質をさらに一段階下げるか、あるいはギガ放題プランを卒業して最近新しく登場したギガ放題プラスプランへの加入検討をしてみてはいかがだろうか?

トップへ戻る